失業者 審査

失業者でも審査に通る?

MENU

失業者でも発行はできますか?

「失業者」の場合ですと「無職と同様」のように捉えられることがほとんどなので、クレジットカード審査においては「発行できません!」と言われるケースが多いです。

 

厳密に言えば、「申込みは可能だけれど審査に通る可能性は低い」ということです。

 

「わたしは失業者です」と言う人の中には、「実家暮らしで失業中ではあるけれど、ネットショップを運営していて自営的な収入はある・・・」という人や、「配偶者(旦那さんもしくは奥さん)が会社員で、継続的な安定収入はある・・・」という人もいらっしゃいます。

 

前者の場合は、個人事業主と同じように「ネットショップの売上を年収」として、申込みをすることが可能です。

 

後者の場合は、配偶者により扶養されているわけですから「世帯年収を申込書に記載する」という方法なら申込みをすることができるでしょう。

 

男とホーム

このように、旦那さんや奥さん(配偶者)に、定期的に継続・安定した収入がある場合には、「家族カード」という選択肢もあります。

 

しかし、今現在無職であったとしても、極少数ではありますが、カード発行してくれるクレジット会社もあるようです。

 

失業者でクレジットカードの発行が厳しいケースとは、「実家以外の住居(賃貸マンションやアパート、間借りや下宿など)に住んでいて、配偶者がいない人」であると言えます。

 

「学生で奨学金を受給しながら生活をしています」
「仕事がなくなり、生活保護受給中です」

 

このような状況ではクレジットカード審査が不利ですが、前者の場合は学生なので、個人信用情報機関にネガティブ情報がないならば「学生専用カード」を申し込めば発行される可能性が高いと思われます。

 

しかし、後者の場合には、まず「仕事をみつけて収入を得る道」を進むべきでしょう。

 

時々、「自分は失業中だけれど、貯金はたくさんあるから大丈夫・・・」と安心し、カード審査に通るものと考えている人を見かけます。

 

貯蓄額はクレジットカード審査においては「関係がない」事柄と言えますので、きちんと職探しをして「まともに働く努力」をした方が堅実でしょう。

 

「失業中だがカード申込みをしたい」と考えることは、収入の見込みがない以上、ゆくゆくは支払いの滞納や遅延を引き起こし、悪循環に陥りやすいと考えられますので、リボ払いや分割払いをする予定がないのであれば、デビットカードの方が延滞金の心配がなく理想的です。

 

「失業者が使えるクレジットカードがないことは分かっているが、それでもカードが欲しい!」と思うのならば、アコムACマスターカードで用意している「仮審査」に申し込んでみてはどうでしょうか。ただし、これもやはり安定した収入がなければ「仮審査」で即落になってしまいますのでご注意ください。

失業者の場合、申込書にどう書けば良いでしょうか?

失業中の方々が不安に思っている事の中には、「クレジットカードが発行されるだろうか?」という事のほかにも、「申込書にはどう書けば良いのだろうか?」とか「こんな私でも、カードがもらえるのだろうか?」という心配や疑問点があるかと思います。

 

そこでこれから、「今年の3月末で退職し、現在は雇用保険を受給中」という人物設定で、申込書の記入欄毎に、模範的な書き方を説明していきます。

 

【職業選択欄】

 

「「非就業その他」もしくは「その他(上記以外の方)」項目を選択し、勤務先欄には「無職」と記入します。

 

「無職と書くことは体裁が悪く避けたい、前の職場を記入したい」という気持ちも理解できますが、実際に失業しているわけですから、虚偽申告によって信用を失ってしまうことを考えれば、ここはありのまま「無職」と記入するほうが賢明です。

 

【年収欄】

 

年収については、解釈がクレジットカード各会社によって違いが有り、主に以下の2パターンがあるといわれています。

 

●現在の年収を記入する(去年のは☓)
●以前の勤務先でもらっていた去年の年収を記入する

 

 

ここで勝手に判断して「私は去年までは年収500万円だったから・・・」と去年の年収で申告をしてしまうと、現在の年収を書かなかったばかりに「今と合わない=虚偽申告」と捉えられる怖れもあります。

 

年収欄についてははっきりと「このカード会社は、いつの金額・・・」のように言えませんので、各クレジット会社のお客様センター(サポートダイヤル・サポートセンター)に問い合わせて、内容を確認してみてください。

 

なお、ここが前職の年収で良いというカード会社があれば、審査に通る可能性は高いといえましょう。具体的な会社名は申し上げられませんが、私がリサーチを兼ねて各カード会社へ問い合せの連絡をしたところ、前職の年収で良いという会社は確かに存在しています。

 

「個人的に、この事実は、かなりの衝撃でした」ですから、このように手続きの際にちょっと工夫をするだけで、審査に通る可能性が上がるものなのです。

 

【キャッシング枠】

 

当サイトでは、「申込者の属性が低い場合にはキャッシング枠は0円にした方が良いです」という説明をしています。

 

無職もしくは失業中である人々は、単に「属性が低い」というレベルよりも、審査上「最も厳しい層」と言えますから、キャッシング利用をしたいと思っていたとしても、まずは「カード発行実現のためにキャッシング枠を0円にすべき」です。念のため雇用保険は収入とはみなされませんので、0にしておくほうが無難です。

 

「キャッシング枠がどうしても欲しい」という方は、「カードが発行されないのを覚悟で希望金額を記入する」か、早く仕事をみつけて就職するしか選択肢はないでしょう。キャッシング希望の場合、ほとんど100%収入証明の提出が必要になりますのでご注意ください。

 

最近では貸金業法・総量規制の施行により、「貸し付け限度額は年収の3分の1以下」という制限があり、「無職または失業中=収入がない状態」であることを考慮すれば、キャッシングを我慢することは仕方がないことだといえます。

通おうとしたスポーツクラブでカードの申込みが必要なのですが、求職中でも審査に通りますか?

スポーツクラブには、「特定のクレジットカードの発行が入会条件となっている」というところもあり、その理由として考えられるのは、下記の2つになります。

 

●クレジット審査にきちんと通るような信頼性の高い会員を求めている
●スポーツクラブとクレジット会社が提携していて顧客獲得を狙っている

 

 

企業側としては「新規獲得するのならカード審査基準に通るような上質な顧客を・・・」という意識があると思われます。

 

このような事情からすると、「無収入の人がカード決済でジムの月会費を払う」というのは、少々ハードルが高いことです。

 

申し込みをしてカード審査に通らなかった場合は、クレジットカード払いではなく、銀行等の口座自動引き落としのような支払い方法を選ぶしかありません。

 

個人信用情報機関に「申込みがあった」という情報は載りますが、そこには「審査に通らなかった理由」や「勤務先情報」は載りませんので、こういった場合でも、特に心配することはないと言えるでしょう。その後半年間は「申込みした」という履歴は残ってしまいますが、その後は記録が抹消されます。

 

しかし反対に、もしもクレジットカードの審査に通ってしまった際には、現在失業中ですから「勤務先が空欄となっている情報」が成約情報として個人信用情報機関に登録されてしまうことになります。

 

こういった情報が個人信用情報機関に登録されてしまいますと、今後新たにカードやローンの申し込みをする時や、今持っているクレジットカードの更新時に、「以前仕事をしていなかった」という事実が明るみになることになります。

 

将来的に各種ローンや他社のクレジットカードを検討している方の場合は、「無職なのにカードの申込みをした」という事実が、自己破産や延滞情報や債務整理、金融事故などのブラックリスト状態と同じく、個人信用情報機関における不利な記載になることもあるでしょう。

 

一方、これに対して、「スポーツクラブでクレジットカードを作れたから、もう他社に申し込みはしない」という方にとっては、何も問題はないという事となります。

 

こういったネガティブ情報がクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー・クレヒスともいいます)に記載されることは、なるべく避けたい事だと思います。

 

しかし「私はもう他社のカードは必要がない」と言い切れる人の場合は、例えクレジットヒストリーに問題があったとしても、「生活をしていく上で特別不便がない」から平気であるともいえるのです。

 

こういった事例で、クレジットカードでの月会費引き落としがスポーツクラブ入会の条件にある場合は、残念ながら他のスポーツクラブを探すしかないでしょう。世の中は意外と無職の人に対して風当りが強いものなのです。