クレジットとキャッシングの審査の違い

MENU

消費者金融とカード会社の審査にはどのような違いがあるのでしょうか?

クレジットカードとキャッシングは全く異なる手法で審査が行われています。

 

まずこのクレジットカードとキャッシングの違いについて大きく整理してみますと、
下記の通りとなります。

 

キャッシング
→お金を借りたい方に対し、、消費者金融会社が「無担保かつ有利子で融資をする」

 

クレジットカード
→買い物代金などの「立替」払いを行う。
→本来であれば、立替払いが精算されるまでの間は担保が必要となる。

 

例えば、クレジットカードを使い高額な商品を買った際に、支払期日を迎えるまでの間は、厳密にいうと

 

カードとペン

「カード会社が代金を立替ているので、その購入商品の所有権はカード会社にある=担保されている」という理屈になるのです。

 

このように、クレジットカードとキャッシングは目的や仕組みが異なりますので、
同じく審査の基準や手法にも違いがある、と言えるのです。

 

まずは、キャッシングは無担保融資、クレジットは担保付融資という線引きをイメージしていただくと、審査の難易度が無担保融資のキャッシングのほうが高くなる、という理由もお分かりいただけるかと思います。

 

また、キャッシングを利用する場合でも、その保証会社により基準が異なる場合もあるようで、個人利用向けの無担保金融に関して言及するであれば、「消費者金融系」や、「信販会社の系列」がその蓄積されたノウハウと実績による社内基準があると考えられ、審査に通りやすいといえるでしょう。

 

一方で、一般的に難易度が高いとされている銀行系については、キャッシング審査に
通りにくい属性をお持ちの方でも、「給与振込・公共料金の引き落としを利用している」
「住宅ローンの契約がある」など、銀行との取引実績により融資が通るケースもある
ようです。

 

「キャッシング審査に落ちたので、クレジットカード審査にも不安を感じます。
こんな私でも、カードを持てるのでしょうか」という方には、消費者金融系カードをご提案いたします。

 

一般のクレジットカードと異なる審査方法、すなわち消費者金融のキャッシング審査方法により判断が行われますので、まずは仮審査をご検討ください。

キャッシングの仮審査と本審査の違いとは何ですか?

キャッシング審査は、①仮審査(=簡易審査ともいいます)と②本審査の二段階による審査手法がとられます。

 

一般的に、銀行系・独立系、流通系カードのほとんどは「カードの審査は本審査の一度きり」という手法ととりますが、キャッシングの場合はこれとは異なり、カード会社が「無担保」というリスクを負うことになりますので、そのリスクマネジメントのために①仮審査と②本審査という二つの手続きを取るのです。
その手続きの主な流れは下記のとおりです。

 

【仮審査】⇒簡易的・機械的・スピード重視

 

仮審査はお名前、住所や年収の額、勤務状況や年数などの個人情報と、借入れを希望する金額、他に借入があるかどうかなど、申込される方の自己申告情報をもとに確認をします。

 

一般的に仮審査での情報はスピード重視で、機械的に自動審査を行っていますので、
仮審査に通ったのであれば、本審査に挑める状態であるといえます。

 

キャッシング会社のホームページなどでも「クイック審査メニュー」などが設定されていますので、本審査のように必要書類も無く、精神的も軽い気持ちで確認することが出来る利点もあります。

 

仮審査の結果はスピーディに通知がくる仕組みになっていますので、
「お金が必要なので、まずは仮審査の結果を早く知りたい」とご希望の方には
大変便利なサービスです。

 

【本審査】⇒申込内容と個人信用情報を照会し、厳正なる審査確認を行う

 

仮審査に通過したのであれば、いよいよ本審査で融資がされるか否かが決定します。
仮審査とは異なり、複数の人の目、手を介して情報に不備や怪しい点がないかどうかをくまなく確認されるでしょう。

 

この本審査での確認項目は主に下記の4つです。

 

・過去のクレジットヒストリーや、金融事故・債務整理などのブラック情報
・他社からの借り入れの有無、ある場合はその残高
・申告書と信用情報に虚偽の記載がないかどうか
・希望する借入額が返済可能な範疇であるかどうか

 

いわば、「虚偽申告を見破る鋭い目」を持ったプロが審査にあたりますので、多少の見栄をはって、「年収の端数単位を切り上げ」したりする程度であれば差し支えありませんが、数百万単位で収入を偽って記載したり、非正規雇用であるのに正社員として申込をしたりするなどの虚偽申告は、カード会社がお勤め先に「在籍確認」の電話を一本かければすぐに見破られますので、正直にありのままの状況を申告しましょう。

 

もしお勤め先に在籍確認の電話があり、何か質問や指摘を受けた場合、「記入をうっかり間違えてしまいまして・・・」など笑って誤魔化すような対応をとってしまうと、「誠実さに欠ける、お金に関してもルーズ」という印象を与えかねません。
その電話応対が審査に致命的な結果を招かないよう、十分注意が必要です。

 

また、以前は「収入に関係なく多額の借入が可能」な時代もあったのですが、近年では貸金業法の総量規制により、借入限度額は年収の1/3以下と決められています。「もっと貸してほしいのに」と思われる方でも、融資会社から提示のあったその額が、「ご自分の支払可能見積額」であると理解し、謙虚な気持ちを持って利用しましょう。

 

以前の際限ない借入が多重債務者や自己破産者を生む温床となっていたため、総量規制という法律が厳しくなったのです。

 

今の厳しいキャッシングやクレジットカードの審査について不満を抱く方も中にはいらっしゃるでしょう。しかし、この厳しい審査や法律により守られているのは
利用者でありまた、金融会社も同じなのです。

キャッシング審査について注意点があれば教えてください!

キャッシング審査においても、皆さまが「知らなかった」驚かれるようなポイントがいくつかありますので、ここでは3点、ご説明したいと思います。

 

<< 1 申込書はしっかりと、不明点だからはっきりと・・>>

 

書類

「申込用紙をしっかりと記入する・・」というのは、軽視しがちですがとても大切なことです。

 

本審査では、保証会社の担当者によって内容を細部まで確認しますが、「基本は丁寧に読みやすく書くこと」であって、

 

もしも「とても読めないような文字」であったとしたら、「いい加減な性格なのかな・・」という印象が伝わってしまうことになります。

 

時々、「この記入欄についてはよく分からないから、空欄のままでいいか・・」という人もいるようですが・・。

 

居住年数や勤務先の電話番号などがわからないのなら、それを自分で調べて記入することも必要であり、「分からないまま申込書を提出してしまう・・」という人は、 「自分の情報すら把握できてない人・・」のような悪い印象を与えることに繋がります。

 

申込書からは分からないような部分について、本人確認電話や在籍確認電話で訊かれることもありますが、その際に「知りません・・」と答えてしまったら、
その時点でもう「審査に落ちる確率が高くなってしまった」と言えるでしょう。

 

勤務先企業情報、勤続年数、年収、借入金額、・・。

 

特にこれら4つの情報については、「キャッシングを利用するならば必ず自己管理すべきもの・・」だとクレジット業界では考えられているのです。

 

これらの項目をしっかりと記入できない時点で、「お金の管理が苦手で、支払いも延滞しそうだなぁ・・」と思われてしまいます。

 

ですから、申込書記入の際には、全ての項目をしっかりと正確に記入すべきです。

 

<< 2 再申込みするならここに注意! >>

 

ある1つの会社のキャッシング審査に落ちてしまい、切羽詰って別の複数の会社に毎日のように申し込みを繰り返している人がいるようですが、

 

その多くが「何回申し込んでも落ちてしまう・・」という悪循環になってしまっているのではないでしょうか?

 

このような悪循環になってしまった理由はハッキリしています。

 

それは「申込みも再申込みの情報も、全部”個人信用情報機関”に記録され、その情報は半年間残ることになっている」からなのです。

 

キャッシング会社としても企業である以上、貸し倒れのリスクを回避したいと考えていますから、「何回も申し込みをする人(=何回も審査に落ちていると推測できる人)には、当社のキャッシング利用を遠慮してもらいたいものだ」と思っています。

 

1回審査に落ちてしまっただけでも焦ってしまうことがあるかと思いますが、そのような場合には、次の申込みをするまで半年から1年間ほど待つべきなのです。

 

そして申込みができない半年から1年の間に、再申込みに向けての準備として、仕事の収入を増やす努力をしたり、CICやJICCなどの個人信用情報機関に「自分の信用情報になにか不利な点はないか?」と情報開示してみる、なども大切な事だと言えます。

 

<< 3 ちゃんと電話に出られるように用意しておく! >>

 

クレジットカードやキャッシング審査において、本人確認電話や在籍確認電話はほとんど必ず行われていると言われる審査段階です。

 

電話がかかってくる場所はクレジット各社によって異なっていまして、自宅の固定電話だったり、会社の固定電話だったり、本人の携帯電話だったり・・といろんなパターンがあります。

 

例えば、キャッシングの申し込みをしたいと思っている人の中には、仕事や出張、プライベートでもかなり多忙だという人もいるでしょう・・。

 

ですが、申込み~本審査まで、それほど長い期間ではありません。ここは可能な限り「電話に出られる状態」を作ることで、キャッシング審査に対して積極的かつ良心的な態度を示すこともかなり重要な事ではないでしょうか。

 

さらに、申込書に記入する電話番号についてですが、欄を全て埋めるだけではなく、「最も自分が出やすい所属部署の電話番号」を記入すべきでしょう。

 

時々、「会社の代表電話番号を記入した方が、会社規模がわかりやすいでしょう?」と言う人もいますが、審査において電話番号とは「申込者本人との連絡に使われる項目である・・」このことを頭に入れておいてください。

 

キャッシングの審査には、「仮審査」と「本審査」という2段階のステップがありますから、他のクレジットカード審査よりも幾分強い緊迫感があるかと思います。
仮審査通過した時点で、「自分は仮審査に通ったから安心だ!」というほっとした気持ちになるのも理解できますが、 「次の本審査こそ本当の勝負である!」ということを念頭に置き、いっそう丁寧に在籍確認電話に対応するなどしてください。

 

キャッシングを利用しないといけないような状況になる人は、そのほとんどが「急にお金が必要になって・・」というパターンが多いです。

 

そのような時「キャッシングの審査に通らなくて、四面楚歌・・」という状態にならないように、普段のクレジットカードや各種ローンの支払いをしっかり行って、

 

CICやJICCなどの個人信用情報機関に記録される”信用力”を高めていってください。