クレジットカード審査なぜ通らなかったの?

案内5

クレジットカードを申し込んだのに発行できないと連絡をもらった経験のある人も多いでしょうね。今まで何枚も持っていたのに審査に落ちたのはなぜ?と疑問に思う人もいるでしょう。

 

簡単に言えばあなたがクレジットカードの審査に落ちてしまったのは、申込書に不備があったり、審査基準や申込要件にを満たしていないからです。

 

これには致命的な問題がある場合と、基本的な情報が満たされてないだけで審査に通過しない場合も含まれています。ですから審査に落ちてしまったと落胆する前に、「審査に通過するためのポイント」を知った上で申込をすれば、簡単にクレジットカードが発行されることもありますよ。もちろんカード会社によって審査基準には違いがありますので、それぞれの会社をよく把握して申込することが大切です。

 

審査に通過するポイントって一体何なのでしょうか?

 

案内10

クレジットカードに関連したサイトで、次のような質問をされているのをよく見かけます。

 

「私は借金がありますがそれでもクレジットカードは作れますか?」
「カードの審査に落ちたのですが、私でも作れる他の会社のクレジットカードがありますか?」

 

残念ですがこの質問に正確に答えることはできません。

 

それは個人によってまちまちであり、個人情報を知る前には誰にも分からないからです。クレジットカード会社がカード申請者の審査を行う時には、基本的な本人の属性から金融機関やカード会社での過去のローン履歴やカード利用履歴(クレジットヒストリー)、返済情報、延滞や金融事故の有無、破産情報、移動情報などをトータルして審査してから、カード発行の可否が決定されます。

 

つまりこれらを全て把握してからこそクレジットカードの発行が決定されるので、これらの情報を知らない限りは誰がどこのクレジットカードの発行が可能かは予想することはできません。

 

また基本的なことですが、カード会社としては支払い能力も考慮してカードの審査を行うので、転職したばかりだとかアルバイトをしている、自営業の方など収入を即座に確認できない場合には、審査に落ちてしまう場合があるでしょう。

 

そんな方は一度アコムACマスターカードのご利用を検討されてはいかがでしょうか?

 

このようにそれぞれのクレジットカード会社の知識や審査するポイント、注意すべき点を把握すれば、他の会社の審査に落ちてしまった場合にも審査に通過する可能性が上がります。無条件申請するのではなくひとつひとつポイントを押さえてクレジットカードの申請を行いましょう。

 

具体的に何に注意すればいいの?

 

クレジットカードの審査に落ちる最も多い原因のひとつに、申込書の不備が挙げられます。

 

あまりにも基本的なことで驚かれるかもしれませんが、申込者を審査する基本的情報が漏れていたり、嘘や偽りが記入されていたら、審査をしたくてもできないというのがクレジットカード会社の本音です。

 

例えば電話確認が必要なのに電話番号が違っているだけでも、審査不可能で落ちてしまう可能性もあるのです。クレジットカードの審査に通過するためには、下記のような本人属性をできる限り記入または入力する必要があります。

 

名前
住所
電話番号(固定or携帯)
勤務先の会社名
勤続年数
職種
役職
年収
居住年数
居住形態

 

これらの項目を偽りなく正直に記入することが何よりも重要です。

 

各クレジットカード会社では新規のカード申請があれば、個人信用情報機関(CIC、JICC、全銀協など)にある内容を「照会」することにより、申請者の借り入れ内容や残高は正確に確認することができます。

 

下手に嘘を記入してそれがバレてしまった場合には、審査上で大きなマイナスになってしまいますので、正直に記入するのが無難です。

 

また、年収や勤続年数、居住年数などを多少上増しして記入するのは、全く問題ありません。例えば年収300万のところを「年収320万」と記入してもそれほど問題はなく、逆に効果があると言われています。

 

カード会社が申込人が勤務する会社の規模や本人の年収、年齢、勤続年数なども考慮して判断しますので、あまりにも極端な数字でない限りは記入された内容を元に審査が行われるからです。自分が働いていない企業の名前を書いたり、20代で年収700万円と書いたりなど、明らかに悪意のある(?)内容でない限り、疑われることなくスムーズに審査に通過する可能性が上がります。

 

またクレジットカードを短期間で何度も申請していると、審査の際に注目される原因となりますので、再度申込する時にはある程度期間をおいてから申請するのもひとつの手です。

 

もしあなたが、カードが発行できるかどうかギリギリラインだ、という場合は、このような属性のスコアリングが大きな分かれ道となりますので、十分に注意されることをお勧めします。

 

 

審査になかなか通らない人がカードを作るコツって?

 

クレジットカードを作るのが簡単ではない人の中には、このように具体的な質問をしている場合もよくあります。

 

「楽天カードなら誰でも(ブラックの人)作れるの?」
「シティカードを作るにはどうしたらいい?」

 

先ほども言いましたがクレジットカードの審査は申請者の属性と信用情報機関の情報など総合して行われますし、会社によってスコアリングのパターンも違います。ですから絶対に審査に通る方法というのはありません。

 

けれどもクレジットカード会社の審査の厳しい順番というのがあります。カードにも銀行系、独立系、信販系、流通系、消費者金融系というのがあるので、審査の通りやすい順番から見て、自分の欲しいカードを決める、という手もあります。

 

審査の厳しい順番に並べると、次の通りです。銀行系・独立系(JCBカード・アメックス等)→信販系(ジャックス・オリコ等)→流通系(楽天カード・セディナカード等)→消費者金融系(アコム・プロミス等)

 

アコムというとカードローンのイメージがあるかもしれませんが、キャッシング機能のあるカードと、キャッシングできない通常のクレジットの2種類ありますので、自分の利用目的に応じて申請すればよいでしょう。また、携帯電話の支払がいつも遅れていたり、今持っているクレジットカードの支払が遅れがちの人は、これだけでも信用度が落ちてしまいますので、このような基本的なことも一度確認する必要があるでしょう。

 

ここでまず、基本に戻って考えるべきことがあります。「なぜクレジットカードが必要なのか?」クレジットカードの知名度、ポイント還元率の多いカード、ショッピングの割引などに注目して申請している場合も多いようです。

 

このように無条件よく名前を聞くカード、お得さ、便利さだけでクレジットカードを申し込むと、審査に落ちてしまって他のカードも作りにくくなってしまう可能性もあります。クレジットカードの審査の実情を知れば、このように簡単には考えられないかも知れませんね。


まずは作りやすいカードを1枚発行しましょう。

「私には難しい…」と思う人がいるかもしれませんが、それほど難しくない場合も多いです。自分の今の状況や属性をきちんと把握していれば、今すぐ作れるカードがあるかもしれませんよ。

 

例えば会社員の場合は、給与振込口座を開設している銀行にカードを申請するとか、今まで住宅ローンや自動車ローンの契約実績のある金融機関にクレジットカードを申込したら、審査に簡単に通る可能性が高いでしょう。一般的に銀行系や独立系のカードは審査に通りにくいと考えられていますが、今までの取引実績や毎月給料が振り込まれる口座があれば、支払い能力が認められやすいからです。

 

また流通系カードの目的は、「提携した店や会社でショッピングする時に利用してもらう」ことです。ですから専業主婦や若い女性、またはファッションに興味のある大学生達も審査に通りやすいのです。

 

パートやアルバイトの方でも申込が可能なので、契約社員や派遣社員の方も審査に通過しやすいです。「学生・主婦・パート・アルバイトの方も可能です」と記載されているカードは、まず大丈夫だと見て良いでしょう。もちろんクレジットカード会社は、カードの申込が入ってきた時に申請人の個人信用情報機関に登録されている利用履歴(クレジットヒストリー)を必ず確認します。

 

金融事故を起こしたブラックリストに載っている人はもちろんですが、携帯電話の料金の支払が滞納していたり、逆に今まで一度もクレジットカードやローンを使用していない場合は、利用履歴が存在しないことを理由に審査に落ちてしまうこともあります。

 

現金主義でローンやカードを使用したことがないというのはとても安全できちんと管理をされてきた証拠なのですが、カード会社からはある程度の年齢でクレヒス(クレジットヒストリー)が全くないのは怪しい、と考えてしまうのです。

 

実は過去に金融事故を起こした人でも約5年が過ぎると個人信用情報が消えて真っ白になってしまうので、カードの申込人が過去にブラックだったのか、単に利用履歴がないだけなのかは区別が付きません。

 

最近は携帯電話やスマートフォンの分割払いをするだけでも、クレヒスを積むことができるので、これから機種変更や新規購入される方は利用されることをお勧めします。ですからカードを申請される場合にはご本人の属性を十分に考慮された上で、それぞれのクレジットカードのポイントや年会費、使用目的や知名度も重視して選ぶことが大切でしょう。

 

最初に記述したように、まず大切なのはクレジットカードを所有することです。審査に通るか心配な方は、ポイントや得点よりもまずカードを1枚持つことを目標にしましょう。無理して審査に落ちた履歴が残るよりも、とりあえずカードを持って安全にクレヒスを積むことが大切です。

 

最初の1枚のカードがとても重要!

 

thint

最初のクレジットカードはポイントや年会費無料、ステータスが重要ではありません。その1枚で利用履歴を積んでいくと、あなたが憧れる銀行系や独立系のカード審査に通過する日が必ず訪れます。ですから最初のカードは自分が持ちたいカードを発行するための前段階だと考えましょう。

 

審査が柔軟な消費者金融系クレジットカードを発行して、「とりあえずカードを手に入れる」ことを目的としましょう。
今まで現金主義でクレジットヒストリーのない方でも無事に審査に通過した実績がたくさんありますので、安全に最初の1枚を取得できるのではないでしょうか?

 

もちろんあなたが所有したいカードではないかもしれませんが、無理して銀行系の便利なカードを申込して、審査に落ちた履歴を作るよりは随分安全な方法です。それでも不安だという方は、キャッシング機能のないカードにすれば、さらに審査に通過しやすくなるでしょう。

 

このように安全に最初の1枚目のカードを取得して、身近な所からクレジットヒストリーを積んでいきましょう。今までカードやローンなどの履歴がない人を「スーパーホワイト」といいますが、ある程度の年齢(30歳程度)になって全く利用履歴のない人を「高齢クレヒスなしスーパーホワイト」といいます。今まで現金主義で来て突然住宅購入など大きな買い物が必要な時、ローンの審査に通らなかったということがないためにも、クレジットヒストリーを積んでいくことも大切ですよ。

更新履歴